MENU

ソフトバンク光の申し込みはどこがオトク?

 

ソフトバンク光へ申し込みをしたい!
となると、2つの申し込みルートがあります。

 

公式のショップ

 

ソフトバンクショップでの申し込みです。

 

【メリット】

 

公式ショップのため、信頼性は抜群です。

 

【デメリット】

 

  • キャンペーンがイマイチ
  • 店員さんによってスキルがバラバラ(汗)

 

キャンペーンはこれから解説する代理店のほうが圧倒的にオトクです。

 

また、ソフトバンクショップのスタッフさんは人によって、対応レベルがバラバラです。

 

※実際に説明を受けてみると、わかります・・・

 

代理店サイト

 

【メリット】

 

  • キャッシュバックなどキャンペーン条件が良い
  • 対応スキルが高い

 

ソフトバンク光の代理店は、他社回線も使っていることが多く、また、ソフトバンク光も多数受け付けているため、スキルが高いです。

 

またキャッシュバックも公式サイトよりも圧倒的にオトクです。

 

 

【デメリット】

 

  • 信頼性がイマイチ

 

信頼性に関しては、代理店のほうが劣ります。

 

 

ソフトバンクから表彰状を受け取った代理店がべスト!

 

 

株式会社NEXT

 



 

 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光なら【SoftBank光.net】

 

株式会社アウンカンパニー

 



 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光キャンペーン!新規も転用もキャッシュバック

 

 

 

ソフトバンク光の特徴&魅力を解説

 

インターネットが普及し、使用が当たり前になっている今、ネット回線を取り扱う業者もたくさんあります。

 

様々な業者の中でも、ソフトバンク光はとても人気で需要の多い回線です。ソフトバンク光の特徴は値段がとてもリーズナブルであることがひとつあります。

 

特に魅力なのが、携帯電話やスマートフォンなどをソフトバンクで契約している場合、ソフトバンク光とまとめることで、かなり優遇された割引サービスを受けることができます。

 

家族全員がソフトバンクで携帯、スマートフォンを契約しているといったご家庭も多く、そういった家庭で、
インターネット回線を使う場合には、このソフトバンク光に加入するとネット回線利用料はもちろん、携帯電話、スマートフォン使用料金も大幅に安くなるといったこともあります。

 

今までは、携帯はソフトバンクだけれど、家のネット回線は別といったことも多く、別々で契約すると、当然基本料金的なものがそれぞれで掛かるため、高くなります。

 

ソフトバンク光にて固定電話、ネット回線、光テレビなどすべてをまとめると、全体的な基本料金、使用料金が下がることとなり、
大変お得になるケースが多くあります。

 

携帯やスマートフォンがソフトバンクを使っている人はソフトバンク光にも加入をお勧めします。

 

 

ネット回線Q&A

 

インターネット回線の疑問を回答する人

 

ネットの新規回線と転用回線の違い

 

自宅などのパソコンでインターネットを利用するときは、必ず回線が必要となります。

 

これまで回線契約がない状態から初めてネット回線を契約するときは、新規回線契約となります。

 

しかし、以前、同じ住宅でネット回線契約をしたことがあって、すでにネット回線のケーブルが自宅まで来ていて、それが使用できる場合は転用回線となります。

 

新規回線と転用回線の大きな違いはこの点です。

 

多くの場合、新規契約より転用契約のほうが、月額コストや初期工事費用が安くなります。

 

通常のネット回線契約においては、1〜2万円の初期工事費用が発生します。

 

転用契約は、その初期工事が済んでいてその回線をそのまま使用しますから工事費用が省け、安価にできるというわけです。

 

ただし一点だけ注意が必要です。

 

以前使用していたネット回線が光電話を利用していたときです。基本知識となりますが、ネット回線サービス業者は、NTTのフレッツ回線を借りてサービスを展開しています。

 

そのため光電話を契約したり、解約したりするとき、NTT側の電話機の接続を見直さないといけないケースがあります。

 

これまでのフレッツ光または光コラボを他社の光コラボ回線に変更し、かつ光電話を使い続けたい場合、一時的に電話回線のみアナログ回線に戻す必要があります。

 

アナログ戻しと呼ばれるその作業を行った後、光回線での電話機使用となりますから、この点は少し注意が必要です(電話番号は変更なしです)。

 

 

インターネット回線が遅くなる理由とは?

 

インターネット回線が遅くなる理由として代表的なものは、電波障害が起きていることが挙げられます。

 

たとえば、通信業者側のメンテナンスによる一時的なものもあれば、台風や地震などの災害によるもの、外部から何らかの攻撃を受けていることなどによって引き起こることがあります。

 

次に、アクセスが集中するなどによって混雑していることが考えられます。

 

インターネット回線にも一応の容量が存在するため、たとえば入手困難なライブのチケットを入手するため一ヶ所にアクセスが集中すると、
インターネット回線は込み合ってしまい非常に遅くなります

 

。また、自宅で利用しているWi-Fiなどのルーターに、大人数が一斉に接続するような状況でも、込み合ってインターネット回線が遅くなることがあります。

 

インターネット回線を経由するルーターの速度を超えている場合も、接続や読み込みがが遅くなる原因になり得ます。

 

特に回線速度が比較的小さく設定されている自宅の無線LANルーターなどで、たとえばそれが1Gbitを想定している場合に、
それを超えるスピード(1Gbit以上)で動画などの重いコンテンツを読み込むと、当然インターネット回線は遅くなることがあります。

 

回線の光電話※メリット・デメリット

 

光電話を利用する最大のメリットは、何と言っても通話料金の安さにあります。

 

一般的な固定電話であれば、3分10円程度の通話料金ですが、光電話であれば、各社概ね3分8円程度と、リーズナブルな料金設定であるのに加えて、
同一サービスの加入者同士であれば、通話料無料となるケースもあります。
光電話のデメリットは、インターネット回線を利用しているため、回線の混雑やトラブルなどの影響をそのまま受けるというところです。

 

手元にある電話機から、通話相手の電話機までのネットワークの経路のどこかで、不安定な状態となれば、音声品質が低下し、聞き取り難くなってしまうことがあります。

 

また、ネットワークがダウンした場合にも、当然光電話の発信、着信が不可能となってしまうため、
インフラの側のトラブルはユーザーには何ともし難いものの、宅内の光ファイバー回線、ホームゲートウェイ、ブロードバントルーターなどの機器のメンテナンスをしっかりと行い、常にネットワークが健全に利用できる状態を保持する必要があります。

 

もうひとつのデメリットは、一部、繋がらない電話番号があることです。

 

先頭に00を付与した、電気通信事業者を指定して発信する番号をはじめ、伝言ダイヤル、ナビダイヤル、フリーダイヤルの一部が利用できないため、注意が必要です。

 

 

ソフトバンク光で一戸建ての具体的な工事内容を解説

 

ソフトバンク光の一戸建て向けのプランを導入する場合、回線契約とプロバイダー契約を行います。この時に、自宅のネット回線がどのようになっているのかによって、派遣工事の有無が発生します。工事担当者が派遣されるような工事のケースとしては、新規に光回線を導入する場合と既に光回線があっても、再配線をする必要がある場合です。
具体的な工事内容としては、電柱にある光ファイバーから自宅の方へ光ファイバーを使って引き込む必要があるという事です。一戸建て向けのプランで工事が発生する場合には、住人が工事の立ち会いを必ず行う必要があります。引き込む光ファイバーは、賃貸物件であれば、クーラーなどのダクト部分から引き込むように業者は努力しますが、電柱にある光ファイバーの位置によっては、どうしても家屋に穴を開ける必要が出てきます。そのような時には、賃貸物件を借りている住人は大家に直接許可を得る場面が出てきます。
既に光ファイバーが家屋に引きこまれているケースでも、再配置が必要な場合がありますが、新しい物件であれば、最初からインターネット環境を整えている事がありますので、工事が発生せず、電話会社の局内での設定工事を行うだけで済みます。

 

 

光コラボレーションモデルのメリット・デメリットとは?

 

光コラボレーションモデルは、インターネット接続を行う上でも優れたサービスで現在は急速に普及しています。プロバイダに参入する業者も携帯電話会社を始め、ガス会社、電力会社、小売業者など様々な業種からの参入が見られ、その業種の本来のサービスとインターネット接続サービスとコラボさせて、セット割引を実現できるのがメリットです。

 

光コラボレーションモデルの他のメリットには、請求を一本にすることができる点で、光回線使用料も含まれているためユーザーにとっても支払いやすい点もあります。デメリットについては、従来のフレッツ光と同じ回線を使用していながら、モデムなどによって通信速度が遅くなってしまうケースもあります。

 

しかも大手のプロバイダ会社でないとサービス窓口が繋がりにくい場合もあり、相談をしようと電話をかけても混み合っていて繋がらないケースも存在します。光コラボレーションモデルでは、フレッツ光を利用していた方は転用をする形で申し込みを行います。

 

光コラボ業者に転用されたのと同時にフレッツ光自体も解約されるため、大手の東西NTTとの契約が解消されることで、信頼感や安心感から解放されます。つまり何かトラブルが発生した場合、対応してくれるかどうかの不安な要素があることがデメリットです。